HOME / オリゴ糖は赤ちゃんの便秘解消に効果はある?

オリゴ糖は赤ちゃんの便秘解消に効果はある?

腸内環境を整えることは、健康を維持するためにも重要なことです。毎日、気持ちよく排便をすることによって、身体にとって不必要なものを、外に排出することが出来ているのですが、このような点からも、赤ちゃんの便秘は気になるものですよね。
オリゴ糖は、今、注目されている食品のひとつですが、オリゴ糖に、便秘解消の効果はあるのでしょうか。

オリゴ糖の特徴

オリゴ糖には、ガラクトオリゴ糖・フラクトオリゴ糖・乳果オリゴ糖・イソマルトオリゴ糖・大豆オリゴ糖・キシロオリゴ糖など、様々な種類があります。
オリゴ糖は、大腸まで届く性質を持っている上に、腸内で善玉菌を増やす働きを持っています。
善玉菌で広く知られているものの中に、ビフィズス菌がありますが、ビフィズス菌は、オリゴ糖をエネルギーとして増殖し、乳酸や酢酸などを作り出します。
腸内の乳酸や酢酸が増えると、悪玉菌の働きを抑えることが出来るため、腸の働きをサポートすることが出来ます。
さらに、オリゴ糖は、赤ちゃんから大人まで安心して取り入れることが出来るものです。

オリゴ糖の便秘に対する効果

腸内では、善玉菌の数と悪玉菌の数が、常に変化している状態です。悪玉菌が増えれば、それだけ便秘になりやすくなるため、腸内の善玉菌を増やす必要があります。
腸内の善玉菌は、善玉菌が添加してあるヨーグルトを取るなどの方法がありますが、腸内の善玉菌が増えるように働きかけるという方法があります。そのひとつに、オリゴ糖を取り入れるという方法があります。

オリゴ糖は、腸内の善玉菌を増やす働きを持っています。腸内に善玉菌が増えることで、腸内の排泄機能が高まり、排便が促されるようになります。
オリゴ糖そのものが便秘に働きかけるというよりも、オリゴ糖によって腸内の善玉菌が増えることによって、排泄が促されるため、より自然な排便によって、便秘解消をすることが出来るというわけです。

オリゴ糖という名前をご存知の方が多いかもしれませんが、オリゴ糖がこのような働きを持っているとは、驚きですよね。

ページトップへ