HOME / オリゴ糖は赤ちゃんにいつ頃から飲ませたら良い?

オリゴ糖は赤ちゃんにいつ頃から飲ませたら良い?

赤ちゃんの便秘の原因のひとつに、腸内の善玉菌と悪玉菌の数のバランスが崩れることが挙げられます。
赤ちゃんの腸内はデリケートで、常に変化しやすいため、腸内環境を良好に保ち、毎日の排便をスムーズなものにするためには、悪玉菌の数よりも、善玉菌の数を増やすことが大切です。
腸内の善玉菌を増やす働きを持っているオリゴ糖は、腸内環境を整えるためのサポートをすると言われていますが、オリゴ糖は、いつ頃から赤ちゃんに飲ませたら良いのでしょうか。

母乳に含まれているオリゴ糖

母乳を飲んでいる赤ちゃんは、排便の回数が多いと言われています。母乳は、赤ちゃんにとって栄養が最も吸収しやすい状態である上に、母乳にはオリゴ糖が豊富に含まれています。
オリゴ糖は、腸内の善玉菌のエサとなるもので、善玉菌の増殖を助けます。
母乳を飲んでいる時期から、赤ちゃんは、すでにオリゴ糖を身体に取り入れているというわけです。

赤ちゃんにオリゴ糖を飲ませる時期

オリゴ糖は食品である上に、母乳にも含まれているものなので、特にオリゴ糖を飲ませても良い時期という決まりはありません。
しかし、オリゴ糖には、数多くの種類があり、中には、人工的に作られたものや添加物が含まれているものもあります。オリゴ糖を飲ませる際には、時期を気にするよりも、与えるオリゴ糖のに気をつけなければいけません。

さらに、製品によって、1日の適量というものがあるので、決められた用量を守って飲ませるようにすると良いでしょう。オリゴ糖を与えた際に、赤ちゃんの体質によって、排便の回数に違いがあると思います。体質に合わせて、与えるオリゴ糖の量を調節すると良いかもしれません。
いずれにしても、天然のオリゴ糖は食品なので、赤ちゃんに安心な品質のものを選べば、毎日の中で、安心して飲み続けることが出来ます。

オリゴ糖は、腸内環境に働きかけて、腸の働きをサポートするものです。
自然な排便で便秘解消するのが、赤ちゃんにとって好ましいですね。

ページトップへ