HOME / 赤ちゃんの便秘と母乳の関係

赤ちゃんの便秘と母乳の関係

赤ちゃんは、離乳食を取る前の段階では、口にするものは母乳市販のミルクです。
一般的に、赤ちゃんが口にするものが母乳である場合、便秘になりにくいと言われていますが、赤ちゃんの便秘と母乳には、どのような関係があるのでしょうか。

お母さんが食物繊維を多く取った場合の母乳

赤ちゃんが母乳を通して、必要な栄養を取っている時、便秘がしにくいのには理由があります。それは、母乳の栄養は、赤ちゃんにとって、吸収がしやすいからです。
ごく稀に、母乳を与えられている赤ちゃんが便秘をすることもありますが、それは、母乳が原因であるというよりも、運動不足などのほかのことか原因となっている場合が多いようです。

お母さんの中には、赤ちゃんが母乳を飲んでいるのに、便秘になってしまった場合、お母さんが食物繊維などを多く取るようにすることで、母乳も便秘になりにくい成分になるというようにお考えの方が少なくありませんが、科学的な根拠が薄いと言われています。
もちろん、脂質の多い食事を取り過ぎることは、母乳にとってあまり良くない場合もありますから、母乳を与えている時期は、お母さんの食事の内容は、栄養のバランスを考えたものである必要はあるでしょう。

母乳を飲んでいる赤ちゃんのうんちの量

一般的に、母乳を飲んでいる赤ちゃんは、うんちをする回数が多いと言われていますが、これは、母乳が赤ちゃんにとって吸収しやすいからです。
赤ちゃんの体質によっては、母乳を飲んでいても、うんちの回数が多くならない場合もあります。その際、うんちの回数ではなく、うんちの硬さを見る必要があります。
うんちの回数が少なくても、うんちが柔らかい場合には、体質によりうんちの回数が少ないだけで、便秘ではないかもしれません。
しかし、うんちの回数が少ない上に、うんちが硬い場合には、便秘の可能性があります。あまりにもうんちの回数が少なくて気になる場合には、専門家や医師に相談すると良いでしょう。

赤ちゃんにとって、母乳は栄養のバランスが良く、消化しやすいものです。
母乳を与えることは、それだけ赤ちゃんにとって、負担が少なく、便秘をはじめとする様々なトラブルを回避しやすくなります。

ページトップへ