あっ、うちの子便秘かも?って思ったら・・・

赤ちゃんは、自分で動くことが出来ないため、腸の動きも鈍くなりがちです。母乳やミルクの時期から、離乳食の時期に移り変わると、便秘をしやすくなることもあります。

赤ちゃんが便秘にならないためには、どのような対策を取ると良いのでしょうか。

砂糖水

赤ちゃんは、母乳を飲んでいた時期は、口にするもののほとんどが水分が多いものであるため、便秘をしにくい時期でもあります。しかし、離乳食に切り替わると、これまでとは違って、口にする水分の量が減ってしまうため、便秘になりやすくなります。

赤ちゃんが便秘になった際に、まず、効果が高いと言われているものが、砂糖水です。

砂糖水がどうして便秘に効果があるとのかというと、水分を補給することが出来る上に、砂糖には、うんちを柔らかくする働きがあるからです。

砂糖水は甘くて口あたりが良いため、赤ちゃんが口にしやすいようです。

砂糖水を作る時は、水の量に対して、砂糖を水の5%の濃度で入れるようにすると良いでしょう。1回に飲ませる量は、約30ml程度です。この量の砂糖水を、1日に3回ほど飲ませると良いでしょう。

のの字マッサージ

赤ちゃんは、母乳やミルクから栄養を取り入れている時期は、あまり便秘をしないと言われています。

通常、離乳食を通して固形物を食べるようになってから便秘をすることがあると言われていますが、赤ちゃんが初めて便秘になってしまった場合、まずは、お腹のマッサージをしてみましょう。

赤ちゃんのお腹を優しくマッサージすることで、腸の動きが活発になるかもしれません。

マッサージのやり方は、赤ちゃんを仰向けに寝かせた後、お腹に手の平を当てて、優しくのの字を描くようにマッサージをします。ゆっくりと丁寧に何度か繰り返しましょう。

綿棒を使用する

赤ちゃんのお腹を優しくマッサージしても、効果がなかった場合には、綿棒を使用して、赤ちゃんの便意を促しましょう。

綿棒の使い方は、まず、綿棒にベビーオイルをたっぷりとつけます。それから、赤ちゃんの肛門に綿棒をゆっくりと入れて、その後、綿棒を入れたり出したりします。

こうして、肛門の奥に刺激を与えることで、赤ちゃんが便意をもよおすのを待ちます。肛門に綿棒を入れるときには、腸壁に傷がつかないようにするため、慎重に優しく行う必要があります。

綿棒は、赤ちゃん用の細い綿棒ではなく、大人用の通常の綿棒を使うようにすると良いでしょう。この方法は、習慣になりやすいため、頻繁に行うのは控えるようにしましょう。

毎日の中で、赤ちゃんが便秘になっていることをいち早く気づくことが出来れば、酷い便秘にならずに済みます。

便秘になった後で対処をすることも出来ますが、赤ちゃんが便秘にならないようにする習慣を持つことが大切です。

砂糖水などは昔ながらのやり方ですが、虫歯の原因になったりとあまり良くないという事も分かってきています。

綿棒もできる限りはあまりしたくないですよね。

今は砂糖水などではなく体にもよくて安全なオリゴ糖を使うのが一番より良い方法と言えます。

オリゴ糖

お母さんの中には、赤ちゃんに砂糖水を与えることに、抵抗感のある方もいらっしゃるようです。何故なら、砂糖は虫歯の原因となってしまうこともあるからです。

赤ちゃんに砂糖を与えるのを躊躇してしまう場合には、砂糖のかわりに、オリゴ糖を使用すると良いでしょう。

オリゴ糖は、砂糖よりも甘みが少なく、大腸に届いたオリゴ糖は、腸内の善玉菌のひとつである、ビフィズス菌を増やす働きがあります。

腸内のビフィズス菌の数が増えることで、赤ちゃんの便秘を根本的に解消することが出来るため、現在は、砂糖よりもオリゴ糖を使用される方が多いようです。

赤ちゃんが便秘にならないようにするには、腸内環境を整えてあげる必要があります。

腸内環境を整える働きがあるものは、様々なものがありますが。赤ちゃんのデリケートなお腹に合うようなものを選ぶことが大切です。


⇒皆が選ぶオリゴ糖はこちら

ページトップへ

オリゴ糖が赤ちゃんの便秘解消に効く理由

便秘解消と言えば、食物繊維などを多く取ることを思い浮かべる方がいらっしゃるかもしれません。

このほかにも、便秘解消に効くと言われているものの中に、オリゴ糖があります。オリゴ糖は、赤ちゃんから大人まで、安心して飲むことの出来るものですが、オリゴ糖で、どうして便秘解消が出来るのでしょうか。

便秘と腸内環境の関係

腸内は、善玉菌・悪玉菌がすみついています。腸内環境は、毎日の食事や体調などで大きく変化します。

善玉菌を増やすような食事を取るように心掛けていると、善玉菌が増えて、腸の働きを活発にします。

反対に、腸内に悪玉菌が増えると、腸内に不要なものが留まりやすくなり、腸の動きを鈍くしてしまうため、便秘になりやすくなります。

便秘解消には、腸内環境を整えることが大切ですが、まずは、腸内の善玉菌の数を増やすことが必要です。

オリゴ糖の働き

腸内環境を整える方法の中に、善玉菌が添加されたヨーグルトサプリメントなどを取るという方法があります。

しかし、赤ちゃんの便秘を解消したい場合には、これらを口にすることの出来ない時期である場合、そのほかの方法を取る必要があります。

オリゴ糖は、お水に溶かすことが出来る上に、赤ちゃんにも安心して飲ませることの出来るものです。

オリゴ糖は、腸内まで届いて、腸内の善玉菌のエサとなり、善玉菌の増殖をサポートします。

善玉菌が、オリゴ糖を分解すると、乳酸などが発生します。すると、腸の働きが活発になり、排便が促されて、便秘が解消されるようになります。

こうした善玉菌の働きにより、悪玉菌が減少しやすくなるため、さらに、善玉菌の数が増殖しやすくなります。

オリゴ糖は食品であるため副作用もなく、赤ちゃんにも飲ませやすいものです。オリゴ糖を選ぶ際には、純度の高い無添加のものを選ぶようにすると良いでしょう。

以下の2商品のどちらかがオススメです。

赤ちゃんにあげる時は白湯やミルクや離乳食と混ぜてあげるだけなのでとても簡単ですよ。赤ちゃんの便秘解消・腸内環境を良くするだけではなくて大人にも良いので一緒に使うのがベスト。


↓無添加で安心して使える人気のオリゴ糖↓

ページトップへ

高品質な無添加のオリゴ糖はコレ!

はぐくみオリゴ

1種類じゃない!5種類のオリゴ糖をブレンドして配合!

はぐくみオリゴはガラクトオリゴ糖、キシロオリゴ糖、ラフィノース、フラクトオリゴ、乳果オリゴと5種類もの高品質なオリゴ糖をブレンド。余分なものが入っていない100%オリゴ糖でもちろん無着色・無香料と自然由来の成分のみで赤ちゃんの便秘や腸内環境を整えるだけではなくママも一緒に安全・安心して飲む事ができます。

価格定期(150g):1,840円(税込)

ガラクトオリゴ糖、キシロオリゴ糖、ラフィノース(ビートオリゴ)、フラクトオリゴ、乳果オリゴを独自ブレンド

カイテキオリゴ

日本で売り上げNo.1のオリゴ糖がコレ

カイテキオリゴはほぼ100%という高純度・高品質なオリゴ糖。水にもお湯にも溶けやすいので、赤ちゃんの白湯やミルクや離乳食と混ぜてあげるだけで簡単。赤ちゃんの便秘を根本から解消する事ができます。粉ミルクにも使われている原料なので安全

価格単品(150g):3,065円(税込)
定期(150g):2,758円(税込)

ラフィノース(ビートオリゴ)、ミルクオリゴ糖、セロオリゴ糖、を独自ブレンド

ページトップへ

赤ちゃんにオリゴ糖を飲ませる方法

オリゴ糖は、腸までしっかりと届いて、腸内環境を整える働きがあります。

腸内には、善玉菌と悪玉菌がすみついており、善玉菌の数が多いほど腸の働きがより活発になり、便秘を予防することが出来ます。

赤ちゃんはデリケートなので、口に出来るものにもある程度の制限があります。オリゴ糖は、赤ちゃんにも安心して与えることの出来るものですが、オリゴ糖を飲ませる方法には、どのようなものがあるのでしょうか。

品質の高いオリゴ糖を飲ませるようにする

赤ちゃんにオリゴ糖を飲ませる前に、注意しなければならない点があります。それは、赤ちゃんに飲ませるオリゴ糖の品質をよく確認することです。

オリゴ糖は市販されているものですが、中には、人工的に作られたものや、添加物が含まれているものもあります。

便秘を予防するには、腸内環境を良好な状態に保つ必要があります。

腸内環境は、毎日、身体に取り入れるものに左右されるため、赤ちゃんに与えるものは、出来るだけ品質の高いものである必要があります。

赤ちゃんに安心して与えられる品質のオリゴ糖を選んで、飲ませるようにしましょう。

飲ませるオリゴ糖の量に注意する

オリゴ糖は母乳に含まれているものであり、母乳を飲む赤ちゃんは、排便の回数が多いということが分かっています。

母乳に含まれているオリゴ糖の量は、自然なものなので、ほど良い排便の回数となりますが、オリゴ糖を赤ちゃんに与える場合、与えるオリゴ糖の量をある程度、考える必要があります。

与えるオリゴ糖の量が多過ぎると、お腹がゆるくなってしまうことも考えられます。オリゴ糖の製品によって、1日の適切な摂取量にも違いがあるので、適切な量を確認すると良いでしょう。

赤ちゃんにオリゴ糖を飲ませる方法

赤ちゃんにオリゴ糖を飲ませる方法は、赤ちゃんが飲みやすい温度のお湯にオリゴ糖を溶かして、1日に数回に分けて、スポイトを使って飲ませてあげると良いでしょう。

コップスプーンなどを使用することの出来る時期であるなら、それらを使用して飲ませるのも良いですね。

赤ちゃんに飲ませるお水も、出来るだけ安全な品質の高いものを選ぶようにしましょう。

オリゴ糖は、お湯に簡単に溶けるので、赤ちゃんにも飲ませやすく、毎日の中で継続して与えることが出来ます。


⇒皆が選ぶオリゴ糖はこちら

ページトップへ